風水を知らなかったために健康被害を受けてしまった間取りの悲劇

実はアロマ風水のサービスを始める前に、開運占い師さんと「風水鑑定サービス」を始めたことがあります。

さっそくお客様が申し込まれまして、ご主人と奥様の生年月日、家の間取り図面、その家に引越された年月日と方位に関する情報をご提供いただきました。

事前のヒアリングでは60代後半のご夫婦で、お二人とも体調不良で悩んでおられました。鑑定では引越された時期と方角が、ご主人の運勢カルテでは最悪のタイミングだったことがわかりました。

体調不良はそれが原因では?と思いきや、家の間取りに大きな問題点が潜んでいました。広いお宅にもかかわらず、室内の自然換気が十分に行われない間取り設計だったのです。

換気とは空気の入れ換え、風水で言うところの『氣』の流れを見ることになります。玄関から入った様々な『氣』(旺氣と呼びます)は、各部屋に巡ることなく洗面・浴室に流れ、そこで停滞してしまう間取り設計でした。

そこには小窓はなく換気できないため水回りの湿気はそこで淀み、室内全体へと悪い影響を及ぼしていました。湿度の高い空気には雑菌も繁殖しやすく、体力が低下したご夫婦の健康を蝕んでいたのです。

この先年老いてさらに抵抗力が衰えることを考えると、今すぐリフォームして間取りを改造するか、新しく環境の良い物件へ移り住むかの決断を迫られました。

定年退職を機に新しい家を購入されたばかりのご夫婦にとって、どちらも受け入れがたい鑑定結果でした。物件を選ぶ際に少しでも風水からの視点が入っていれば、絶対に選ばなかった物件だけにとても悔やまれた事例でした。

今この手紙を読まれているあなたには、このご夫婦のような失敗を絶対にして欲しくはありません。

住宅を設計するときとか、賃貸物件を選ぶときには、必ず風水の観点も取り入れて判断してください。このホームページでは、どなたでも実践していただけるように風水を使った部屋探しについて情報を公開しています。

風水とは風(空気)と水の通り道を調整する先人の生活の知恵です。

住宅を設計するときや物件を選ぶとき、部屋の広さや導線などを考えて決めるのも良いですが、ぜひとも『氣』の流れというものも一緒に確認してみてください。『氣』という言葉がしっくりこなければ、「風の通り道」と考えていただいても結構です。(風水では、龍に見立てます)

もちろん完璧な間取りというものは、この世の中に存在しません。私たちが生きている世界には陰と陽が存在するように、間取りにも陰と陽が存在します。その陰と陽のバランスを平行に保つように住環境を調整するのが風水であり、古の先人たちによる生活の知恵が忘れ去られた現代では必要不可欠なメソッドなのです。

世界中の風水にはいろいろ流派がありますが、その中でも「アロマ風水」は初めて耳にされる方も多いことでしょう。そもそも西洋のアロマが、なぜ東洋思想の風水と関係があるの?と思われたかもしれません。

ご存じのように西洋のアロマは自然治癒療法として活用されるほど、人の身体と心理面に大きな影響を与えることが知られています。

アロマは癒やしのアイテムとして使用されるように、室内に『香り』を漂わせて空間演出いたします。この『香り』については太古の昔シャーマンによる宗教儀式で使われていたことも知られており、日本でも線香など場を浄化するためのアイテムとして活用されているのは周知の通りです。

つまり『香り』は空気(場)の浄化を目的として使われて来た歴史があり、そのような同じルーツを持つ『アロマの香り』を東洋思想の『風水』と融合させることにより、外側の環境調整ばかりではなく人の内側の環境調整(心理面・精神面)を行えると考案されたのがアロマ風水なのです。

一般の風水はインテリアの環境調整だけを行うため風水効果が出る人と出ない人に分かれましたが、アロマ風水は香りを使って直接潜在意識に働きかけ心理面・精神面が理想の状態に整うことで確実に変化が現れるようになりました。

アロマの香りが風水効果を潜在意識に届けます

外側の環境調整には①生年月日から本命卦を求め方位別に吉凶を調べる②家が持つ方位別吉凶を調べる③今年の方位別吉凶を調べる、この3つを精査して間取り鑑定を行います。

特に寝室として使う部屋はどこが良いか、吉方位に当たる部屋で決めるのが最重要ポイントです。なぜなら人生の三分の一を過ごす場所ですから、居心地の良い方位に長く滞在するべきだからです。さらに枕の向きも重要で、なかなか眠れない、肩がこる、疲れが残るなど自覚症状があれば、自分に最適な方位を調べて向きを変えるだけで不快な症状が改善されることもあります。

ここまでは一般的な風水鑑定と同じ流れですが、アロマ風水は吉方位の良い運気をもっと盛り上げるために、あるいは凶方位の悪い影響を鎮めるためにアロマを使っていきます。アロマによる香りは脳に直接働きかけますので、外側の環境調整によるメッセージが潜在意識にダイレクトに届き、無意識の行動変化によって確実に風水効果が現れるというものです。

さらに四柱推命によりご自身の性格や相性を知ることで人生が楽しく生きやすくなり、人生の運気の流れを事前に把握することで行動や計画が立てやすくなり、体内の五行バランスの過不足を知ることで『香りのお守り』を導きだし心理面・精神面の安定を図ることができるようになります。

世界が注目している香りを使った開運空間演出法

この香りを使った開運空間演出は世界中で大変注目されており、リッツカールトンペニンシュラなど一流ホテルや公共施設などでも採用されています。

「あの香りは風水だったの?」と驚かれるかもしれませんが、香りをマーケティングとして活用し人の行動をコントロールしているのです。ちなみにリッツカールトンはチョコレートの香りで、バーやラウンジでの食事を誘っているそうです。

このように私たちの身近な生活の中で、『香り』を使った風水が使われています。しかも世界的に有名なホテルや公共施設が活用してるなんて、きっとあなたは腰を抜かすほど驚かれたことでしょう。

日本だけ風水は「占い」のカテゴリーに分類されていますが、中国を始め欧米諸国で風水を実践しているのは『富裕層』だけだそうで、風水はビジネスに必要不可欠なスキルであり、実践することで確実に大きな成果が得られるスキルとして真剣に取り組んでいるそうです。

皆さんもよくご存じの某ハリウッドスターも風水が大好きなことで有名で、プール付きの大豪邸や頻繁に開かれるお金持ちパーティも、全部風水効果を狙ってのことだそうです。

風水とは住環境の具合の悪いところを見つけそして良い方向へ軌道修正してあげること、たったそれだけのことでとても居心地の良い住まいに変わります。

ただしそれだけでは受け入れる人の心理的内面が乱れていると効果が現れにくいので、アロマ風水では内面の風水鑑定も行いバランスの悪い要素をアロマで補って結果が出やすい体質に変えていきます。

実際にアロマ風水を学んだ私たち『ドラゴンファミリー』実践者は、悪かった体調がウソのように改善され、何をやってもうまくいかなかったビジネスが、幸運を引き寄せる体質に変わってどんどん成功に向け加速していくのを実感しています。

風水は『脳科学』と位置づけすべきものとして、私たち一般庶民でも生活の知恵としてごく自然に風水を使いこなせる世界を目指して頑張っています。風水を知らなかったために、どれだけ多くの方が不幸を避けられなかったことか。

あなたもぜひアロマ風水を実践して、「幸せと豊かさの新しい扉」を開いてみませんか?

今すぐできる部屋別アロマ風水

Copyright © 2017 風水カーテン専門店クレール~名古屋